AMBIVALENCE

2020/05/19 09:00


♠︎


二郎の初陣は、13歳になったその月だった。

突如呼ばれて足軽隊の一番下っ端に配属された。


一気に緊張感と高揚感が高まるのを感じたが、支給された申し訳程度の武具をみて、その思いは急速にしぼんでしまった。

胸当てとすね当てに加え、手渡された武器は竹槍だったのだ。


「こんなので戦うのか


使い古されて今にも折れそうな竹槍を見つめて、二郎は絶望に駆られた。

しかし、やるしかない。

今を変えるには、自ら戦う以外に手がないのは十分わかっている。

気持ちを切り替えて、竹槍を握り直した。


出陣は唐突だった。


城の裏手にある小高い丘に集められた二郎たち足軽勢は100名程度。

その100名にいきなり進行命令が下ったのはまだ夜明けにも届かない、暁七つの頃だった。


「全員、静かに移動する!」


小隊長が一声かけると、全員が速やかに移動に入った。

戦い慣れている人々に小突かれながら、二郎も懸命に隊を乱さないよう走った。

カチャカチャと、申し訳程度の武具が擦れて音が鳴る。

と、後ろから思いっきり頭を殴られた。


何をするんだ!と言い返そうとした瞬間に口を塞がれ、さらに頬に一撃を食らう。


「馬鹿かてめーは。今から夜襲をかけようって時に無様な音立ててるんじゃねーよ。その音ひとつで敵に気づかれてオレらが全滅したらどうするんだ?」


歳の頃だと18歳くらいだろうか。

明らかに13歳になったばかりの二郎に比べて先輩兵士だった。


すみません」


頭にはきたが、その先輩兵士の助言は至極正論だったので、二郎は黙って従った。

そう、これから命のやり取りをする戦場に突入するのだ。

経験不足は確実に不利になる。


二郎はそこからいっそうの観察と思考を深めていった。


半刻あまりも走り続け、ようやく小隊が前進を止めた。

月明かりがほとんどない暗闇の中で、小高い丘のてっぺんに、いくつもの軍旗が翻っている影だけが見える。

どこの国かも、どれだけの兵士がいるのかすらわからない。


小隊長の伝令が回ってきた。


「我々はこの後、敵陣の大将本陣に奇襲をかける。正面からの本体突入とは別に、裏から10名程度の選抜隊で大将首のみを狙う。選抜隊に志願する者は名乗り出ろ」


小隊がかすかにざわつくのがわかった。

さっきの先輩兵士が一人ごちるのが聞こえた。


「ふざけんじゃねぇ、10人の選抜隊なんて、失敗しても成功しても確実に死ぬ役じゃねぇか


なるほど、と二郎は理解した。

正面からの90名は言うなれば陽動隊なのだろう。

そこに主力があるように見せかけて、裏から10名の少人数で本陣奇襲をかける。

失敗はともかく、成功しても死ぬってのは、つまり大将首を取ったとしても脱出が不可能だということだろう。

では、それが生きて帰れるとしたら?

大将首を獲るなら、これはリスクではなく、チャンスだ。


静まり返った小隊の中で、二郎はそっと手を上げた。


「選抜隊に、志願します」


周囲の「若いの、何もわかってねーな」という視線を浴びながら、二郎は一人思った。


「何もわかってねーのは、あんたらだよ」


つづく


produced by Office io
Concept & Story|Andy( @we_creat ) 
Product & Design| hana( @office_io )